前へ
次へ

営業求人での転職の実情

不況と言われ久しい昨今に於いても営業求人の数は、その他のジャンルに比べ比較的多いのが実情となっていますが、一口に営業と言っても新規開拓やプレゼン型の営業と、ルート営業など固定対応型に分かれます。どちらも、成果を挙げてナンボというジャンルですから、その辺が定着率に影響を及ぼす事もあり、常に営業求人の数が多い事に繋がっているとも言えます。どちらのタイプの営業もやりがいのある職種ですし、成果に応じた評価を得られる職種でもありますので、意欲次第では天職となり得るでしょう。営業求人に募集し転職する層の特徴としては、やはり過去に営業職を経験しスキルを活かし好条件の企業に転職したいと考え、選択したケースが多いと言うポイントが挙げられます。しかし残念ながら定められた期間の間にノルマを達成できないと、契約を継続できないと言う条件があるケースも多い為、早期の離職に至るケースも少なくないと言うのも営業求人の特徴となっています。

Page Top