前へ
次へ

すぐに転職のチャンスにつながる営業求人

やはりほとんどの会社から出ている営業求人情報を見つけることによって、転職のチャンス、そして可能性を広

more

営業求人情報から転職するといい

今は、営業求人情報を探して、改めて営業の仕事をするのも、難しい話ではなくなってきました。有効求人倍率

more

転職の第一歩、営業求人の見方について

皆さんは転職と聞くと「何をどう始めれば良いか」「自分にできるか不安」など、言葉の意味はわかるけどネガ

more

転職で営業求人を探すなら残業の目安をチェック

労働基準法では1日の労働時間の上限として8時間とされ、これだけを見ると1日に働けるのは8時間までのように見えます。実際8時間以上仕事をしている人は多く、どの会社も労働基準法違反ではないかと思うかもしれません。一応多くの会社は労働基準法には違反しないようきちんと就業規則を作成したり届け出をしています。労働基準法で言う1日の上限時間はあくまでも就業規則に記載する労働時間の話で、必ずしも残業を禁止しているわけではありません。かつては特に残業時間に関する決まりがなかったので、36協定を出していればいくらでも従業員に残業をさせることができました。しかし最近は徐々に残業に関する規制が付けられるようになり、会社側も取り組みをしています。会社の中でも営業職は残業が多くなりがちで、今働いている会社での残業があまり多くて転職を考えることもあるはずです。営業職に関してはみなし労働時間制をとるなど残業していても残業代が支払われない仕組みもあります。もし他の会社に行くために営業求人を探すのであれば残業に関する情報を求人情報からチェックするようにしましょう。よくあるのは月平均の残業時間で、1か月10時間や20時間などの情報があるでしょう。それが本当かどうかは実際に入ってみないとわかりませんが、参考として見ておく必要はありそうです。1か月10時間となると毎日30分ぐらいの残業になるので体力的には楽になりそうです。しかし現実を考えるとそれで済むのか疑問に感じるかもしれません。営業求人から転職をするときに残業を減らすのが目的なのであれば、面接において残業に対して何らかの取り組みをしているかを聞いてみましょう。このときに即答してその内容に納得できるのであれば残業を減らすことができるかもしれません。一方その質問をしたとたん態度が変わったり、うやむやな答えをする会社だとあまり残業を減らすための対策をしていない可能性があります。残業は減らせない可能性があるので別の会社にした方がいいでしょう。

頼りになる人材が揃っています
ワードやエクセル、パワーポイント等Office使えるサポーターがあなたの業務をお安くお手伝い

年収1,000万以上の秘書に転職できるチャンス
秘書の経験がなくても年収1,000万の求人情報もあります。キャリアアドバイザーがモデルとCAの転職活動を全力サポートします。

低価格でバイトルへの求人広告を出せる会社in大阪
複数媒体を利用した場合の割引や打ち合わせ時間の削減を行うなどかかる経費を最小限に抑えています。

お客様が楽しく過ごせるよう接客する求人を銀座のクラブナナで募集中
話すことが好きという方にオススメのお仕事です。ご興味のある方は、一度お電話ください

有名メーカーのユニットバスを施工します

Page Top