前へ
次へ

営業求人で転職を成功させるにはこれ

人材不足、人手不足で、どの企業でも求人倍率が比較的低くなっています。特に企業の利益を伸ばす営業部門の営業求人倍率は低いままです。人材不足、人手不足で、企業側も好条件を提示しているところも増えており、営業部門を希望する人には引く手数多の状況と言っていいでしょう。特に、すでに営業の経験がある人は、営業のノウハウを持った状態で転職ができるわけで、自信を持って企業面接を行うことができるでしょう。このことは、逆にいえば、営業求人を出した企業側としても欲しい人材を確保できる点から渡りに船の状況といえるかもしれません。慢性的に人手不足の解消策として、企業は外国人労働者の採用を踏み切るところが増えています。しかし、日常の営業業務は日本語の表現力が人間的な魅力と相まって説得力を生み出すことができるものです。その点、外国人労働者の場合には日本語の練習にやはりかなりの年数がかかってしまう点からも、日本人転職者に有利な状況と言えます。

Page Top